LiveCapture3(iPhone/Android)

使わなくなったスマホがAI監視カメラに変身!

防犯、子供の見守り、ペットの監視などのAI監視システムがスマホ1台でできます。

動きの検知だけでなく、「人」「車」など指定した物体の数を検出、検知した人間の顔の数や、独自に作成した機械学習モデルに基づいたAI画像解析検知など、様々な検知パターンが使えるAI監視カメラです。

App Storeからダウンロード Google Play で手に入れよう

「人」「車」など、指定した物体のみを検出し、検出した物体の数が設定値を超えた場合に通知や録画を開始します。

特定の映像にだけ反応する「AI検知」

独自の機械学習モデル(CoreML/TensorFlowLite)を読み込んで、画像分類によるAI検知が可能!

サンプル用の犬猫判別モデルファイルはこちらからどうぞ

※これらの学習モデルはあくまでサンプル用です。精度の問題などお使いいただく上で不具合があっても質問にはお答えできません。

学習モデルの作成方法はこちらを参照してください。

動いた時だけ録画開始「動体検知」

動きがあった時にだけ録画を開始する「動体検知」機能で、無駄な録画を行いません。

人の顔を検出する「顔検出」

人の顔を検出して、設定した人数以上の人を検出すると録画を開始します。

検知してメールで通知

検知したら、画像付きメールでお知らせします。

小型スマホを使って手のひらサイズの監視カメラに

各社から発売されている小型スマホにインストールすれば、手のひらサイズの超小型監視カメラの出来上がりです。

詳しくはこちら

LiveCapture3 Windows版に接続

LAN内のLiveCapture3 Windows版と接続し、ネットワークカメラとして使用でき、映像と音声をWindows PCに送信します。

LiveCapture3 (Windows10 64bit版)の詳細はこちら

ブラウザでカメラ映像を確認

LAN内の別のPCやスマホのブラウザで、LiveCapture3の映像をリアルタイムで確認できます。

動画配信について

どこでもスマホで見守り「LiveCapture3 Remote」

LiveCapture3 Remoteを使うことで、外出先など、どこにいても、LiveCapture3の映像をスマホで確認できます。

LiveCapture3を起動し忘れても、外出先から起動・再起動・終了ができます。(Android版のみの機能)

さらに、バッテリーの状態や、前面/背面カメラの切り替えなども遠隔で操作可能です。

LiveCapture3 Remoteの詳細はこちら